気になるAGA治療薬の副作用

AGAで悩みだすと、どんどん悩みは深刻になっていきますよね。

1日に何度も鏡をのぞいてしまったり、枕に落ちる毛髪を数えてみたり、と少しのことでもかなり気にしてしまうものです。

そして、現実を見るともっと不安になり、あれやこれやとインターネットで検索している人も多いと思います。

でも、インターネットでAGAについて調べてみると、薄毛を治す方法よりもよく目についてしまうのが治療薬の副作用です。

「AGA治療薬のフィナステリドは危険だ」、「AGA治療をすると体を壊してしまう」、など不安に感じるような情報を得たことはありませんか?

せっかくAGAなら病院で治るから治療を始めてみようと思っていたのに、なんだか副作用が怖くなって治療を断念してしまったという人も多いものです。

でも、AGAによる薄毛は放置していても治ることはないし、むしろ深刻に…。

あれこれ悩んでいるうちに、以前よりももっと抜け毛が増えてしまったと悩む人もいます。

確かにAGA治療薬に副作用があることを知ってしまうと、怖くなってしまうものです。

しかし、どんな薬であっても多かれ少なかれ副作用が存在するのは事実。

何気に普段飲んでいる頭痛薬や風邪薬だって副作用はあるのです。

大切なのは、AGA治療薬の副作用に怖がるだけではなく、どんな副作用の可能性があり、どれぐらいの人が副作用を感じるのかをしっかり把握した上で、治療を始めるかどうかを判断することです。